« 米子の戦利品w | トップページ | キラキラ☆コーデ »

観劇『ジョン・ガブリエルと呼ばれた男』

少々間が空いてしまいましたが、先週の土曜は「花絵巻」のしょうりんさんと一緒に舞台『ジョン・ガブリエルと呼ばれた男』を観に行ってきました。

主演は、しょうりんさん&贋魚の愛する仲代達矢heart04

会場が「世田谷パブリックシアター」と小さめのホールだった上に、前から7列目だったんで超距離が近かったですヨ!

100228_1
▲パンフレットを買うついでに、まだ読んでいなかった仲代の著書も購入♪


男女の愛憎劇みたいのって苦手なんで、正直あまり期待してなかったんですけど…

すごく面白かったsign03(←語彙が貧弱でスミマセン)

主に、仲代と友人役の米倉斉加年さんが(笑)

大空真弓&十朱幸代のドシリアスな演技と、仲代&米倉のコミカルな演技の落差がすごいww

いや、もちろんコミカルなだけではなくて深いんですけどね。。。

3時間近くの長丁場でしたが、あっと言う間でした。

3月18~20日に池袋の「東京芸術劇場・中ホール」でも公演(最終公演)されるので、ご興味ある方は是非ご覧下さいませ!

▼ちなみに、当日の贋魚のコーディネイトはこんな感じでした。

100228_2 100228_3

観劇だから、紬系はちょっとなぁ…と思って、錦紗の着物にしてみました。

ぱっと見、変わり市松模様でカジュアルな感じですが、花菱の地紋が入ていて、肌触りも柔らかく滑らかで、かなり上質な生地っぽいですshine

帯はひなげし柄のかわいい付け帯(名古屋帯からのリメイク)。

これもカジュアルっぽいですが、一部金糸で刺繍が入ってるのでそんなに格は低くないかなぁと。

一応、贋魚なりのぷちセミ・フォーマルなイメージでww


ちなみに、この市松着物は身丈135.5cmです…

それなのに、かなり余裕で着れてしまう自分がある意味怖いshock

あと10cm背が高かったら(それでも159cmだけど)、きっとこんなにアンティーク着物にはまってなかったんだろうなぁ…sweat02

▼お気に召したらクリックを♪▼

|

« 米子の戦利品w | トップページ | キラキラ☆コーデ »

コーディネイト」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183967/33564084

この記事へのトラックバック一覧です: 観劇『ジョン・ガブリエルと呼ばれた男』:

« 米子の戦利品w | トップページ | キラキラ☆コーデ »